30代女性に人気の安いレディース通販サイトについて

今や通販で服を買う人も全然珍しくはありません。
しかし、10代~20代向けのショップや30代~40代向けのショップなどショップによってメイン顧客層が違います。
もちろん10代向けショップで30代の人が買い物をしても全然おかしくないですしその逆もまたしかりです。
とはいえやはり30代の人は30代向けのショップを知りたいと思うので、30代女性向けのショップについて書こうと思います。
30代といってもアラサーとアラフォーでは嗜好が違ってくるかもしれませんが参考にしてください。

30代女性全般におすすめなのがナチュラルファッションのソウルベリーというお店です。
ナチュラルファッションにカジュアルとガーリーを組み合わせた感じで30代でも着こなせる可愛い服がたくさんあります。
甘すぎず地味すぎずのちょうどいい感じの大人可愛い服が買えます。
また、ナチュラルファッションは子供がいるママの私服にもおすすめです。
ソウルベリーにはママ部というのがありママのための特集ページも時々アップロードされていて、運動会などのイベントごとのおすすめコーデなどが紹介されています。
そしてLLサイズ以上の大きめサイズの服も結構おいているのでぽっちゃりさんでも着られます。
お店のレビューページもたくさん書き込みがあってとても人気のある30代向けレディースファッション通販サイトのひとつです。

次はティティベイトというお店についてです。
ティティベイトはセレカジ系のかっこいい服が買えます。
モード系っぽい感じも入っているのでアイテム次第ではOLの通勤服や仕事着としても使えます。
お店で提案されているコーディネート例も種類豊富でコーディネート例から商品を選ぶのも面白いと思います。
メイン顧客層は20代~40代くらいだと思うので30代はちょうどいい感じですね。
値段も結構安めです。

そして次がピエロというお店についてです。
このお店はまず値段がとても安いです。
ファッションの傾向としては落ち着いた上品な服にカジュアル感を足した感じです。
あまり気合い入れてキメているという感じを出さずにきちんとした大人な上品さを出せます。
アイテムによってカジュアル寄りにしたりフォーマル寄りにしたりとオンオフどちらにも使えるショップです。

とりあえず30代女性向けのショップを3つ紹介しましたが、もっと詳しく知りたい人や紹介したショップへのリンクなどは下記参考サイトで確認してください。
30代 人気 安いレディース服 通販

青空文庫で読める小説

■青空文庫から『大導寺信輔の半生』(新字新仮名)を一部抜粋
   一 本所

 大導寺信輔の生まれたのは本所(ほんじょ)の回向院(えこういん)の近所だった。彼の記憶に残っているものに美しい町は一つもなかった。美しい家も一つもなかった。殊に彼の家のまわりは穴蔵大工だの駄菓子屋だの古道具屋だのばかりだった。それ等の家々に面した道も泥濘の絶えたことは一度もなかった。おまけに又その道の突き当りはお竹倉の大溝(おおどぶ)だった。南京藻(なんきんも)の浮かんだ大溝はいつも悪臭を放っていた。彼は勿論(もちろん)こう言う町々に憂欝(ゆううつ)を感ぜずにはいられなかった。しかし又、本所以外の町々は更に彼には不快だった。しもた家の多い山の手を始め小綺麗(こぎれい)な商店の軒を並べた、江戸伝来の下町も何か彼を圧迫した。彼は本郷や日本橋よりも寧(むし)ろ寂しい本所を――回向院を、駒止(こまど)め橋(ばし)を、横網を、割り下水を、榛(はん)の木馬場を、お竹倉の大溝を愛した。それは或は愛よりも憐(あわれ)みに近いものだったかも知れない。が、憐みだったにもせよ、三十年後の今日さえ時々彼の夢に入るものは未だにそれ等の場所ばかりである…………

■青空文庫から『伊東から』を一部抜粋
 拝啓。小生は、元来新聞の編輯に無経験なるものに御座候(ござさふら)へども文芸上の作品は文芸欄に載(の)るものと心得居(を)り候。然るに四月十三日の時事新報(静岡版)は文芸上の作品を文芸欄以外に掲(かか)げ居り候。それは「けふの自習課題」と申すものに之有(これあり)候。
 小学四年。さくらの花はどんなくみたてになつてゐますか?
 小学五年。花崗岩(くわかうがん)はどんな鉱物から出来てゐますか?
 小学六年。海藻(かいさう)の効用をのべなさい。

■青空文庫から『ピアノ』を一部抜粋
 或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行つた。この辺の荒廃は震災当時と殆ど変つてゐなかつた。若し少しでも変つてゐるとすれば、それは一面にスレヱトの屋根や煉瓦の壁の落ち重なつた中に藜(あかざ)の伸びてゐるだけだつた。現に或家の崩れた跡には蓋をあけた弓なりのピアノさへ、半ば壁にひしがれたまゝ、つややかに鍵盤を濡らしてゐた。のみならず大小さまざまの譜本もかすかに色づいた藜の中に桃色、水色、薄黄色などの横文字の表紙を濡らしてゐた。
 わたしはわたしの訪ねた人と或こみ入つた用件を話した。話は容易に片づかなかつた。わたしはとうとう夜に入つた後、やつとその人の家を辞することにした。それも近近にもう一度面談を約した上のことだつた。

■著作権が切れているこれらの作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。